機械知覚&ロボティクスグループ
中部大学

Machine Perception Deep Learning 口頭発表

[特別講演] Amazon Robotics Challenge 2017の参加レポート

Author
藤吉弘亘, 岡田慧, 江原浩二, Gustavo Garcia
Publication
パターン認識・メディア理解研究会, pp. 145--154, 2018.

Download: PDF (Japanese)

eコマースにおける物流倉庫の自動化の課題は,棚に陳列された多品種の商品を識別し,把持計画により安定したピック\&プレースを実現することである.Amazon.com, Inc.が2015年に開催した国際ロボット競技大会であるAmazon Picking Challenge (APC) 2015は,棚から商品を取り出して運搬用ボックスへ移動させるpickタスクが取り上げられた.そして,翌年に開催されたAPC 2016では,pickタスクの他に運搬用ボックスから商品を取り出して棚へ収納するstowタスクが追加された.2017年には,大会名がAmazon Robotics Challenge (ARC)に改名された.ARC 2017は,競技直前に提供される新しい商品の認識・取り出しといったチャレンジングな問題設定が追加され,より実問題を想定した競技大会となった.本稿では,Amazon Robotics Challenge 2017に参加した各チームの取り組みを紹介し,今後の技術課題について述べる.

前の研究 次の研究